« ミリンゴ大司教、破門される | トップページ | 年収4万ユーロまでは減税に »

2006年10月 3日 (火)

年収7万ユーロ以上は、税率43%に

Manovra_1 プローディ首相とパドア・スキオッパ経済相

年収7万ユーロ以上の人は、税率が43%になる見込みとなった(コリエレ・デッラ・セーラ、9月28日)。

これは、300億ユーロの予算調整が急務となった中で、150億ユーロは歳入を増加させることにより、また、残りの150億ユーロは歳出カットにより達成することが目標とされたことによるもの。

高収入者にとっては、個人所得税 IRPEF( Imposta sul Reddito delle Persone Fisiche)が増税となる。

具体的な数字は以下の通り(となる予定)。

年収 現在の所得税 43%の所得税 増税
7万    22,690  22,690    0
7万5千 24,640  24,840    200
8万    26,590  26,990   400
8万5千 28,540  29,140    600
9万    30,490  31,290   800
10万   34,390  35,590  1200
15万   55,890  57,090  1200

この他、公務員の10%削減などが予定されている。

|

« ミリンゴ大司教、破門される | トップページ | 年収4万ユーロまでは減税に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/12138488

この記事へのトラックバック一覧です: 年収7万ユーロ以上は、税率43%に:

« ミリンゴ大司教、破門される | トップページ | 年収4万ユーロまでは減税に »