« チヴィタヴェッキアのマドンナ像、再び血の涙を流す | トップページ | ローマ映画祭、最優秀賞は、ヴェネツィア落選作 »

2006年10月28日 (土)

教育相:宿題を減らそう

Compitiacasa3rt 公教育相フィオローニが、宿題を減らそうと呼びかけた。

子供たちは、もっと自由時間を持つべきだというのである。

各国の授業時間と家庭学習の時間(週当たり)は次の通り(Osce調べ)

国  学校での学習時間 家庭学習時間
イタリア   26,4     10,5  
ギリシア   23,5      8,3
スペイン   26,4      7,4
フランス    24,8            6,8
ドイツ    22,6      6,3
アメリカ   22,2      5,7
Ocse平均  24,4      5,9

イタリア人の家庭学習時間は、Ocse諸国平均の2倍近い。これは宿題が多いためであるが、では何故、宿題が多いのか。

教育学者のフランコ・フラッボーニ(ボローニャ大)によると、教員が教科書を終わらせることを第一に考えているためだという。

|

« チヴィタヴェッキアのマドンナ像、再び血の涙を流す | トップページ | ローマ映画祭、最優秀賞は、ヴェネツィア落選作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/12466663

この記事へのトラックバック一覧です: 教育相:宿題を減らそう:

« チヴィタヴェッキアのマドンナ像、再び血の涙を流す | トップページ | ローマ映画祭、最優秀賞は、ヴェネツィア落選作 »