« ロッシ、まさかの転倒、タイトル逃す | トップページ | 急進党の書記長、バイセクシュアルを告白 »

2006年10月31日 (火)

ジョヴァンニ・パオロ1世のテレビ・ドラマ、高視聴率

Luciani ジョヴァンニ・パオロ1世の生涯を扱ったテレビ・ドラマが放映され、900万人が見た(コリエレ・デッラ・セーラ、10月25日)。

放映されたのは、10月23日(月)で、第一部《パーパ・ルチャーニーー神の微笑み》。ジョヴァンニ・パオロ1世の本名はアルビーノ・ルチャーニなので、ルチャーニ教皇(Papa Luciani)という呼び方もするわけである。

Rai Uno で898万8888人の視聴者で、シェアは33,07%であった。その時間の Canale 5 の番組は13,81%にすぎなかった。

わずか33日間の在位であったジョヴァンニ・パオロ1世を演じたのは、ネーリ・マルコレ。教皇の姪は、俳優と監督が私か父のところに来てくれた方がよかった、と述べている。より、事実に近い演出が出来たはずとのこと。

これまで、Rai と Mediaset では、ジョヴァンニ23世とジョヴァンニ・パオロ2世の生涯をドラマ化してきた。

ジョヴァンニ23世のドラマは Raiuno が2002年に《パーパ・ジョヴァンニ》を製作し、その第二部は視聴者1468万人、シェア51,44%という記録を打ち立てた。2003年には、Mediaset が《パーパ・ブオーノ》(善良な法王)をCanale 5 で放映し、第二部は1063万人、37,72%の視聴者を獲得した。

ジョヴァンニ・パオロ2世は、2005年、まず Canale 5 がドラマ化した。《カロル、教皇になった男》は1301万人、43,5%のシェアを得た。同じく2005年に Raiuno が《ジョヴァンニ・パオロ2世》を放映し、1247万人、44,16%のシェアだった。

|

« ロッシ、まさかの転倒、タイトル逃す | トップページ | 急進党の書記長、バイセクシュアルを告白 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/12506393

この記事へのトラックバック一覧です: ジョヴァンニ・パオロ1世のテレビ・ドラマ、高視聴率:

« ロッシ、まさかの転倒、タイトル逃す | トップページ | 急進党の書記長、バイセクシュアルを告白 »