« テレコム、大規模再編 | トップページ | テレコムをめぐり、プローディとトロンケッティの確執 »

2006年9月14日 (木)

女性詩人の恋

Spazianimontale 1950年代のマリア・ルイーザ・スパツィアーニとエウジェニオ・モンターレ

マリア・ルイーザ・スパツィアーニは最新の詩集『月はすでに高く』を出した後、さまざまな文学者、とりわけモンターレとの交流の追想記 Montale e la Volpe を書いている(コリエレ・デッラ・セーラ、9月13日)。Volpe というのは、モンターレの作品に出てくるときの彼女の名前である。

マリア・ルイーザ・スパツィアーニは、1924年トリノ生まれ。後にノーベル賞を受賞するモンターレとはカリニャーノ劇場で、1949年1月14日に出会う。トリノでモンターレをめぐる会議があったのだ。

そこで、6,7人の若い詩人たちにモンターレが紹介された。そこから二人の交流がはじまり、300通あまりの手紙が交わされる。

モンターレは彼女の親よりも年上であったが、彼女に三度求婚したという。しかしながら、いつもひっそりと隠れた形をとるのだった。たとえば、アメリカに行く途上の船で結婚すれば船長が結婚させてくれる、といった形の提案だった。モンターレには同居しているモスカがいたし、彼女にも克服しがたい障害があったのだという。

|

« テレコム、大規模再編 | トップページ | テレコムをめぐり、プローディとトロンケッティの確執 »

コメント

 マリア•ルイーザ・スパツィアーニが取り上げられていたとは、感激。さすがです。嬉しく拝見いたしました。オペラも楽しく拝見しております。御礼。

投稿: Kudo Tomoko | 2008年5月15日 (木) 17時21分

Kudo Tomoko さま

以前の記事まで読んでいただき、ありがとうございます。
先日、Montale の詩を読んでいたら、'Da un lago svezzera' と言う詩は、彼女の名前を各行の頭にすえて(アクロスティック)、詠み込んでいました。


投稿: panterino | 2008年5月15日 (木) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11886853

この記事へのトラックバック一覧です: 女性詩人の恋:

« テレコム、大規模再編 | トップページ | テレコムをめぐり、プローディとトロンケッティの確執 »