« 戦後の伊中関係 | トップページ | 市民権獲得にイタリア語試験導入 »

2006年9月12日 (火)

痩せすぎモデルはいけません

Gisele_bundchen ジゼル・ブンチェン (IMC 18)

スペインで痩せすぎモデルを禁止する法律ができるのにならって、ミラノでも市長がデザイナーに働きかける(コリエレ・デッラ・セーラ、9月10日)。

痩せすぎの基準は、BMI指数(body mass index), イタリアではIMC指数(indice di massa corporea). 出し方は、体重をキログラムで表したものを、身長をメートルで表したものの二乗で割る。たとえば、身長が1メートル70センチで体重60キロの女性は、60÷(1,7×1,7)で20,7となる。

WHOが出している表によると、評価は次の通り。

18、5未満  痩せすぎ 
18,5-25 (18,5と24,9を含む)ノーマル
25-30   (25と29,9を含む) 過体重
30超     肥満

モデルの中にはIMC指数が16(ナオミ・キャンベル)、17(ケイト・モス)などの人もいるので、スペインではこうしたモデルはショーに出られなくなる。

ミラノ市長モラッティはミラノでもこういう動きを導入したいとして、デザイナーたちと会談する意向を示した。ただし、モラッティはなるべく禁止などにはせず、より成熟した解決法を目指すとしている。

ミラノのモデルのエージェントのアンドレア・カイロは懐疑的で、スペインの場合、モーダ(ファッション)が国家によって支えられている面があるから、国家の発言にしたがったが、ミラノ・ファッショは事情がまったく異なり、デザイナー(stilisti)に主導権がある、としている。

|

« 戦後の伊中関係 | トップページ | 市民権獲得にイタリア語試験導入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11867482

この記事へのトラックバック一覧です: 痩せすぎモデルはいけません:

« 戦後の伊中関係 | トップページ | 市民権獲得にイタリア語試験導入 »