« ムッソリーニの死体はそのままに | トップページ | プローディ、中国へ »

2006年9月11日 (月)

ドラーギ:回復はあるが永続的ではない

Draghi_1 イタリア銀行総裁のマリオ・ドラーギは、景気回復はあるが、永続的なものではないと述べた(コリエレ・デッラ・セーラ、9月7日)。

「ヨーロッパにおいて、景気回復はある、たとえ、それが永続的なものではないと予想されているにしても。これを肯定的な意味でも否定的な意味でも騒ぎ立てるべきではない」。

中央銀行の総裁として、ドラーギは地に足をつけて行こうと述べている。また、アメリカにおいて景気は減速しているが、急激なものではないとしている。

以上の発言は、Financial Stability Forum というG7の会議に参加したパリでのもの。

|

« ムッソリーニの死体はそのままに | トップページ | プローディ、中国へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11854895

この記事へのトラックバック一覧です: ドラーギ:回復はあるが永続的ではない:

« ムッソリーニの死体はそのままに | トップページ | プローディ、中国へ »