« ファッケッティの死 | トップページ | ドラーギ:回復はあるが永続的ではない »

2006年9月11日 (月)

ムッソリーニの死体はそのままに

Photo_61ミラノのロレート広場で逆さづりにされたムッソリーニの死体

ムッソリーニの孫グイド・ムッソリーニによって要求されていた、ベニト・ムッソリーニの死体の検証は、なされないことが決定した(コリエレ・デッラ・セーラ、9月6日)。

グイド・ムッソリーニは、祖父の殺害状況や犯人、首謀者を明らかにするため墓をあけて死体を検証することを求めていたが、コモの検察官アレッサンドロ・マリア・ロンドリーニは、戦争中の犯罪については、すでに戦後1946年6月22日に、当時の法務大臣パルミーロ・トリアッティによって、恩赦がだされており、無効であるとして、要求をしりぞけた。

このときの恩赦では、1万1800人の政治犯が釈放された。

同じ一族ではあるが、アレッサンドラ・ムッソリーニは、グイド氏の要求を馬鹿げたものであるとし、墓が暴かれずほっとしたと述べている。

|

« ファッケッティの死 | トップページ | ドラーギ:回復はあるが永続的ではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11854760

この記事へのトラックバック一覧です: ムッソリーニの死体はそのままに:

« ファッケッティの死 | トップページ | ドラーギ:回復はあるが永続的ではない »