« 遺伝子組換え米がイタリアに | トップページ | ジュリエットはフリウリ女だった? »

2006年9月28日 (木)

大規模盗聴事件、発覚

Tavaroli

ジュリアーノ・タヴァローリ

イタリアで大規模な盗聴事件が発覚し、20人が逮捕された(コリエレ・デッラ・セーラ、9月21日)。

逮捕された中には、ピレッリのセキュリティー担当責任者で、2001年からはテレコム・グループ全体の責任者であったジュリアーノ・タヴァローリが含まれている。

また、彼の親友で、フィレンツェの私立探偵エマヌエーレ・チプリアーニも同じく逮捕された。

盗聴の対象者は数千人にのぼる大がかりなもので、ピレッリやテレコムの従業員、銀行家のチェーザレ・ジェロンツィ(カーピタリア会長)、カリスト・タンツィ、ヴィットリオ・リーパ・ディ・メアーナ、企業家では、デ・ベネデッティ、デッラ・ヴァッレ(企業家でフィオレンティーナのオーナー)、ニュッティ、ベネトンらが含まれている。

盗聴対象は多岐にわたっており、サッカー選手で元インテルのボボ・ヴィエーリ、審判のマッシモ・デ・サンティスも盗聴されていた。

|

« 遺伝子組換え米がイタリアに | トップページ | ジュリエットはフリウリ女だった? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/12066136

この記事へのトラックバック一覧です: 大規模盗聴事件、発覚:

« 遺伝子組換え米がイタリアに | トップページ | ジュリエットはフリウリ女だった? »