« 中国にとってのイタリア | トップページ | 痩せすぎモデルはいけません »

2006年9月12日 (火)

戦後の伊中関係

Colomboヴィットリーノ・コロンボ上院議員

イタリアと中国の関係の戦後の歴史が紹介されている(コリエレ・デッラ・セーラ、9月10日)。

1969-70年 正常化

1969年 外務大臣ピエトロ・ネンニが、イタリアが中華人民共和国を承認すると宣言。上院議員ヴィットリーノ・コロンボが周恩来と会談。
1970年 両国政府が外交関係の回復の共同声明を発表。

1975年 イタリア企業人最初の訪問
       代表団には、ジョヴァンニ・アニェッリ、レオポルド・ピレッリ、ヴィットリオ・メルローニが含まれた。1980年代には、フィアットが南京に上陸し、ジョイント・ヴェンチャーで、トラックと自動車を製造。商業関係は、天安門事件(1989年)後も、批判をうけつつも継続。

1980年 最初の大統領訪問
      大統領サンドロ・ペルティーニの公式訪問。鄧小平と会談し、北京大学の学生と会った。日本の侵略に対する中国人民の抵抗を賞賛していたと述べた。

2004年 チャンピとConfindustria(イタリア産業総連盟)
      チャンピ大統領およびフィーニ、マッテオーリ、ウルバーニ、マルツァーノ大臣と、モンテツェーモロConfindustria会長率いる企業家団。2003年にはベルルスコーニが中国を訪問している。

|

« 中国にとってのイタリア | トップページ | 痩せすぎモデルはいけません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11863645

この記事へのトラックバック一覧です: 戦後の伊中関係:

« 中国にとってのイタリア | トップページ | 痩せすぎモデルはいけません »