« シューマッハ、引退 | トップページ | テレコム、大規模再編 »

2006年9月13日 (水)

ロッシ、カピロッシ、フェアな激闘

Rossi_capi_hayden_sepang_05 左からロッシ、カピロッシ、ヘイデン

モトGPは、マレーシアのセパンで開催されたが、最終周までヴァレンティーノ・ロッシとロリス・カピロッシが一歩も譲らず、競り合ったが、最後のカーブでロッシが勝利を収めた(この項、コリエレ・デッラ・セーラ9月11日および Italia 1 による)。

すさまじい抜きつ、抜かれつのレースだったが、実にフェアで、興奮させられると同時に実に後味も良いものだった。

ポイント・ランキング首位のニッキー・ヘイデンは4位に終わった。これで、通産1位ヘイデン214点、2位ペドロサ192点、3位ロッシ188点、4位カピロッシ171点となった。今期はあと4レース、最後まで目が離せない。

|

« シューマッハ、引退 | トップページ | テレコム、大規模再編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11875398

この記事へのトラックバック一覧です: ロッシ、カピロッシ、フェアな激闘:

« シューマッハ、引退 | トップページ | テレコム、大規模再編 »