« 平均寿命の伸び | トップページ | ムッソリーニの死体はそのままに »

2006年9月11日 (月)

ファッケッティの死

Facchetti サッカー界の紳士、ジャチント・ファッケッティが亡くなった(コリエレ・デッラ・セーラ、9月5日)。

ファッケッティは、約1年にわたり癌と戦っていたが、4日、息を引き取った。64歳だった。

ファッケッティはインテルとともに歩んだ人で、伝説的なフルバック(terzino).1961年5月21日、インテルからセリエAにデビュー、78年5月7日まで活躍を続けた。その間、セリエAでの優勝(スクデット)4回(1963、65、66、71年)をはじめ、コッパ・イタリア(1978)などのタイトルを獲得している。

2001年からはインテルの副会長、2004年からは会長をつとめていた。

ファッケッティのインテルでの公式試合は675。セリエAでは、476試合、59ゴール。

選手としてだけでなく、人間として、紳士的だったと賞賛されている。

|

« 平均寿命の伸び | トップページ | ムッソリーニの死体はそのままに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11850730

この記事へのトラックバック一覧です: ファッケッティの死:

« 平均寿命の伸び | トップページ | ムッソリーニの死体はそのままに »