« Cuneo fiscale | トップページ | イタリア軍レバノンへ »

2006年9月 2日 (土)

テューターは廃止

A_scuola_1 モラッティ元公教育大臣の改革で予定されていたテューターの導入が中止になった(コリエレ・デッラ・セーラ、9月1日)。

またPortfolioと呼ばれる生徒の記録簿にも記入しなくて良いことになった。

また幼稚園段階で、ほかの子供より何ヶ月か早く通い始めるという制度はなくなる。

これらは、いずれもベルルスコーニ政権のもとでモラッティ元大臣が企画したことだが、政権が交代し、大臣がジュゼッペ・フィオローニになって棚上げになった。

こうしたことは、ダレーマ政権からベルルスコーニ政権に交代したときにも同様のことが生じた。

|

« Cuneo fiscale | トップページ | イタリア軍レバノンへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11734584

この記事へのトラックバック一覧です: テューターは廃止:

« Cuneo fiscale | トップページ | イタリア軍レバノンへ »