« 婦女暴行対策 | トップページ | ジャコーザ没後100年 »

2006年9月 1日 (金)

イタリア軍、レバノンへ

Libano イタリア軍2153人が、レバノンに向かい出発した(コリエレ・デッラ・セーラ、8月30日)。

今回の作戦はレオンテ作戦と名づけられているが、これはレバノンの川の古い名をとったもの。イタリア軍の担当範囲は、ティールという街を中心に南北15キロ、ティールを西端(海岸沿いの町)に東へ20キロの長方形の地域である。

それよりも、さらにイスラエルに近いところは、以前からの Unifil が担当する。

パリージ国防大臣が言うように、第二次大戦後、もっともデリケートで、責任が重く、コストのかかる(年末までで2億2千万ユーロ)任務である。

|

« 婦女暴行対策 | トップページ | ジャコーザ没後100年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11711945

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア軍、レバノンへ:

« 婦女暴行対策 | トップページ | ジャコーザ没後100年 »