« 夏休みを短縮する? | トップページ | ファッケッティの死 »

2006年9月11日 (月)

平均寿命の伸び

年金問題の背景として、平均寿命の問題がある(コリエレ・デッラ・セーラ、9月4日)。

イタリア人の平均余命は、1961年以来、男女とも10歳以上延びている。

       女      男
1961  72,3   67,2
1971  74,9   69,0
1981  77,9   71,1
1991  80,3   73,8
2001  82,8   77,0
2005  83,1   77,3

また60歳以上、70歳以上、80歳以上、90歳以上、100歳以上の人口の推移は次のような予想となっている。

60歳以上 今日 1466万
      2016  1746万
      2026  1923万
70歳以上 今日  813万
      2016  955万
      2026  1094万
80歳以上 今日  290万
      2016  408万
      2026  470万
90歳以上 今日  49万
      2016  77万
      2026  104万
100歳以上 今日  9千
       2016  2万3千
       2026  4万5千

年金の制度を作ったときには、これほどの長寿化を予想していなかったのである。

|

« 夏休みを短縮する? | トップページ | ファッケッティの死 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11850567

この記事へのトラックバック一覧です: 平均寿命の伸び:

« 夏休みを短縮する? | トップページ | ファッケッティの死 »