« ヴェントテネ刑務所の保存 | トップページ | グイド・ロッシ、サッカー連盟特別代表辞任 »

2006年9月22日 (金)

筋ジストロフィー治療に光

Lorenzo_puri

治療薬を発見したチームの一員ロレンツォ・プーリ

イタリアで、筋ジストロフィー治療薬が発見された。現在、マウスでの段階で、これから人間での臨床実験にとりかかる(コリエレ・デッラ・セーラ、9月18日)。

 筋ジストロフィー(distrofia muscolare) の治療薬がマウス段階ではあるが、発見されたと、イタリアのチームが科学雑誌《Nature Medicine》に発表する。

 その薬とは Trichostatina A (英語ではTrichostatin A)で、現在、乳ガン治療に使用されているものである。

 この薬の使用によって、筋ジストロフィー患者の筋肉の崩壊をくい止め、筋肉の再生を促進するという。

 Trichostatina Aが、筋肉の再生を阻害する酵素を消してくれるらしい。

 この研究は、ドゥルベッコ・テレトン研究所(DTI)のジュリア・ミネッティ、キアラ・モッツェッタ、シルヴィア・フォルトゥーニとロレンツォ・プーリの率いるパヴィア大学の専門家たち、その他、によって達成された。 

|

« ヴェントテネ刑務所の保存 | トップページ | グイド・ロッシ、サッカー連盟特別代表辞任 »

コメント

ドイツやアメリカは医療分野の先進国かなと思うのですが、イタリアはあまり聞いたことがないですね。意外な感じがしました。筋ジスと乳がんの薬が同じというのも驚きです。

投稿: azusa | 2006年9月27日 (水) 22時35分

そうですね。

この研究は、Dulbecco Telethon Institue(DTI)という所が中心になって出てきた成果のようで、彼らの発言を読むと、これまでの治療薬が対処療法的であったのに対し、今回のものはもっと積極的な治療薬であるとのことです。

まだマウス段階なのですが、これから患者を対象とした治
験、臨床試験に入るとのこと。ポジティヴな成果を大いに期待したいところです。

ちなみに、筋ジストロフィーは男子3500人に1人の確率で生まれてくるそうです。日本では男子6000~1万人に1人の割合だそうです。

投稿: panterino | 2006年9月27日 (水) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11990312

この記事へのトラックバック一覧です: 筋ジストロフィー治療に光:

« ヴェントテネ刑務所の保存 | トップページ | グイド・ロッシ、サッカー連盟特別代表辞任 »