« 筋ジストロフィー治療に光 | トップページ | マルペンサ空港の危機 »

2006年9月23日 (土)

グイド・ロッシ、サッカー連盟特別代表辞任

Guido_rossi イタリアサッカー連盟特別代表(commissario straordinario della Federcalcio)グイド・ロッシがその職を辞任した(コリエレ・デッラ・セーラ、9月19日)。

これは、同氏がテレコム会長に就任したため。一連のサッカースキャンダルを受け、サッカー連盟会長が辞任したのを受け、ロッシは今年の5月16日にサッカー連盟特別代表に就任したばかりであるが、9月15日にマルコ・トロンケッティがテレコム会長を辞任して、その後任となったため、サッカー連盟の方を辞任の運びとなった。

 それに伴って、ロッシの補佐役をつとめていた副コミッショナーの4人のうち3人も辞任する。ヴィート・ガンベラーレ、デメトリオ・アルベルティーニ、パオロ・ニコレッティの三人である。

 アルベルティーニは、イタリア・ナショナル・チームの現監督ドナドーニを指名した人であるため、ドナドーニの行く末にも不確かさが忍び寄っている。

|

« 筋ジストロフィー治療に光 | トップページ | マルペンサ空港の危機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/12000894

この記事へのトラックバック一覧です: グイド・ロッシ、サッカー連盟特別代表辞任:

« 筋ジストロフィー治療に光 | トップページ | マルペンサ空港の危機 »