« モトGP、カピロッシ優勝 | トップページ | モンターレの恋文 »

2006年8月22日 (火)

雑誌の宣言

Lacerba

雑誌のマニフェストを集めた本が出た(コリエレ・デッラ・セーラ、4月26日ーここ数日、コリエレ紙未着のため以前に紹介しそびれた記事です)。

Il secolo dei manifesti (宣言の世紀)(Aragno editore, Giuseppe Lupo 編、32ユーロ)。20世紀の様々な雑誌の宣言を集めたもの。

古いところから、はじめよう。Poesia(1905)には未来派のマリネッティが宣言を掲載した。「我々は、攻撃的運動、熱にうかされた夢遊病を称揚する・・・」。

これに対抗したのが、La Voce。1908年にプレッツォリーニが現実への知的介入を訴えた。「イタリアは、性格を、誠実さを、開放性を、知性を、精神をもっと必要としていると我々は信じる。・・・我々は、知的生活の倫理性を強く感じる」。

今度はそれに対抗し、つまりプレッツォリーニのクローチェ主義に距離を置いて、1913年 Lacerba で、パピーニやソッフィチが「人生万歳!」と叫ぶ。ただし、La Voce は1914年になると編集が Giuseppe De Robertis に代わり、文学中心となる。

第一次大戦後の1919年には、未来派や La Voce の前衛性に反発し、反動的な La Ronda が創刊される。するとそれに対抗して、ソルミやデベネデッティ編集の Primo tempo が1922年に創刊され、そこにソルミの友人のモンターレやサーバが詩を掲載した。

またこの時期ゴベッティは Il Baretti を1924年に創刊し、未来派やダンヌンツィオに対抗し、彼のもとにはフビーニ、カルロ・レーヴィ、ギンズブルグ、デベネデッティ、サペーニョ、モンターレといった人々が集まってきた。

以下、ファシスト期、戦後・・・と続く。文学雑誌を通じて見えてくるイタリア史もあるのである。

|

« モトGP、カピロッシ優勝 | トップページ | モンターレの恋文 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11558596

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌の宣言:

« モトGP、カピロッシ優勝 | トップページ | モンターレの恋文 »