« プロペラが90度回転する飛行機 | トップページ | 外国人と投票 »

2006年8月10日 (木)

詩とインターネット

Balestrini_1

詩人のナンニ・バレストリーニが、出版社は詩の本の出版を止めてしまったが、インターネットがあるという議論を投げかけた(コリエレ・デッラ・セーラ、8月5日)。

バレストリーニは、グルッポ63という、1960年代の前衛芸術運動の創設メンバーの一人で、詩人・小説家。グルッポ63には、ウンベルト・エーコやサングイネーティなどがいた。

バレストリーニの言うように詩の本は売れないのだが、古典とみなされるものは売れる。Meridiani のシリーズに入ったものは、どれも成功をおさめている。

20世紀の詩人で、流通しているのは、クヮジーモド、ウンガレッティ、モンターレ。パヴェーゼにルッツィ。

詩の市場で、基準となる出版社は3つか4つで、モンダドーリ、エイナウディ、ガルザンティ、グァンダ。

現代詩となると話は別で、出版社が無いわけではない。クロチェッティ、カンパノット、インテルリネア、Scheiwiller、ブック、マンニなどなど。詩の雑誌も、Poesia がしぶとく生き残っている。

本の市場を研究するジュリアーノ・ヴィジーニによると、詩人で年に5000部以上の売り上げがある人は少ない。というわけで、本格的な市場というものを語ることは出来ない。

現代詩人で売れているのは、アルダ・メリーニ、パトリツィア・ヴァルドゥーガ、パトリツィア・カヴァッリ、マグレッリだという。

イタリアにおいて、詩を出す出版社は600あり、年に3000冊が発行されるが、よくよく内情をみると、ほとんどが自費出版に近いという。

出版社にとってインターネットは、スカウトのチャンスを与えてくれるものではあるが、伝統的な形ーー雑誌を読んだり、自発的な持ち込みを評価するーーも続いていくとのこと。

|

« プロペラが90度回転する飛行機 | トップページ | 外国人と投票 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11376456

この記事へのトラックバック一覧です: 詩とインターネット:

« プロペラが90度回転する飛行機 | トップページ | 外国人と投票 »