« アンナ・ファルキ、整形で勝訴 | トップページ | フィーニとルクスリア »

2006年8月 4日 (金)

イタリア家庭、節約

イタリアの家庭が、節約して、衣服などの購買を控えめにしている(コリエレ・デッラ・セーラ、7月29日)。

Istat(政府中央統計局)によると、2005年の家庭の消費は、2004年に較べ0,7%しか増えていない。

家庭あたりの平均支出は月2398ユーロ。ロンバルディア州では2872ユーロで、アルト・アディジェ州は3229ユーロと高い。逆にシチリア州は、1681ユーロ。

収入は北高南低であるが、食料品に使うお金はほとんど同じで、450から460ユーロ。したがって、南部の場合、食料品に使う家計の比率、エンゲル係数が高くなる。

人々は、衣服や靴、教育、家電や文化的趣味への出費を倹約している。

経済の停滞もあって、原油の値段は上昇しているが、7月のインフレ率は2,2%で、6月の2,3%から下がっている。

|

« アンナ・ファルキ、整形で勝訴 | トップページ | フィーニとルクスリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11266269

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア家庭、節約:

« アンナ・ファルキ、整形で勝訴 | トップページ | フィーニとルクスリア »