« カプリ島に入島制限か | トップページ | マンマと仕事 »

2006年8月25日 (金)

レッジーナとアレッツォは降格なし

Lillo_foti_presidente_della_reggina レッジーナの会長リッロ・フォーティ

Caf (Commissione di appello federale) の裁定では、サッカー疑惑に関し、レッジーナとアレッツォは降格はなく、ペナルティーとしてマイナス点が与えられる(コリエレ・デッラ・セーラ、8月18日)。

Caf はスポーツ関係での訴えを受理する機関。これでセリエAは、

アスコリ
アタランタ
カリアリ
カターニャ
キエーヴォ
エンポリ
フィオレンティーナ(-19)
インテル
リヴォルノ
メッシーナ
ミラン(-8)
パレルモ
レッジーナ(-15)
ローマ
サンプドリア
シエナ
トリノ
ウディネーゼ
となる見通し。ただし、翌週、控訴することができる。

セリエBの構成は次の通りになる見通し:
アルビノレッフェ
アレッツォ(-9)
バーリ
ボローニャ
ブレーシャ
チェゼーナ
クロトーネ
フロジノーネ
ジェノア
ユヴェントゥス(-17)
レッチェ
マントヴァ
モデナ
ナポリ
ペスカーラ
ピアチェンツァ
リミニ
スペーツィア
トレヴィーゾ
トリエスティーナ
ヴェローナ
ヴィチェンツァ

|

« カプリ島に入島制限か | トップページ | マンマと仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11599757

この記事へのトラックバック一覧です: レッジーナとアレッツォは降格なし:

« カプリ島に入島制限か | トップページ | マンマと仕事 »