« Uefa、新規律を作成 | トップページ | ジェラートに、遺伝子組換え食品が »

2006年8月 7日 (月)

シューマッハ、アロンソともにリタイア

Button 初優勝を飾ったジェンソン・バトン

ハンガリーで行われたF1は、ドライバーズ・チャンピオンを競うアロンソ、シューマッハともにリタイアに終わった(この項、フジテレビ721と Corriere.it).

フリー走行・予選での走行違反のためアロンソ(ルノー)、M.シューマッハ(フェラーリ)とも予選タイムに2秒が追加され両者とも10位までに入らぬ状況からスタート。

ところが、ハンガロリンクは雨で、大荒れとなり、スタート直後から、シューマッハ、アロンソともに上位に浮上。その後、ミシュラン・タイヤが路面状況にあいアロンソがトップに立つ。

後半、雨が止んで路面が乾き、次第にブリジストン・タイヤに有利になってきて、シューマッハが追い上げをはかっている時に、アロンソはタイヤ交換するが、後輪のタイヤのナットの締め方が不十分だったのか、リタイア。

シューマッハは雨天用のタイヤをはき変えず、表彰台圏内を死守しようとしたが、トラックロッド(un tirante di convergenza) が壊れて(ハイドフェルドとの接触の際か?)、リタイアとなった。

優勝したのは、ホンダのジェンソン・バトンだった。

|

« Uefa、新規律を作成 | トップページ | ジェラートに、遺伝子組換え食品が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11324063

この記事へのトラックバック一覧です: シューマッハ、アロンソともにリタイア:

« Uefa、新規律を作成 | トップページ | ジェラートに、遺伝子組換え食品が »