« 「ベネチア人にしっぽがはえた日」 | トップページ | レバノンに3000の兵士 »

2006年8月20日 (日)

イタリア人は手を洗わない?

Lavarsi_le_mani

イタリア人で、汚いものに触ったら、きまって手を洗うという人は33%に過ぎないという調査結果が出た(コリエレ・デッラ・セーラ、8月13日)。

67%のイタリア人は、トイレに行ったり、くしゃみをしたり、咳をしたり、動物を触ったりした後で、または食事の前に、規則的に手を洗わないことが明らかになった。

同様の人は、ドイツ人では75%。アメリカ人では69%。この調査は Hygiene Council という機関が8000人を対象として実施したもので、そのうちイタリア人は1000人。

さらに、18歳以下では、トイレに行ったあと手を洗うと答えたものはわずか2%。大卒者では、なぜか手を洗う人が21%で、全体の33%よりも少なくなる。

イタリア人で、ばい菌が手から入ってくると考える人はわずか7%で、イギリス人は28%。実際は、汚い手から細菌が入ってくることが一番可能性として高いのである。

|

« 「ベネチア人にしっぽがはえた日」 | トップページ | レバノンに3000の兵士 »

コメント

うがいと手洗いをしっかりしなさい、と言われて育ったわたしには衝撃的な事実です。ばい菌が手から体内に入ったとしても、のどが痛くなったりおなかを壊したりってことがないくらい、イタリア人の粘膜とか器官は強いのでしょうか…。

投稿: azusa | 2006年8月22日 (火) 01時29分

記事の中の専門家の話によると、イタリア人の場合、特に家で油断するようです。
家の中は、きれいになっている=清潔だ、という思いこみがあるために手を洗わない。でも、実際は、ドアの取っ手などは、家に子供や病人がいると特に注意する必要があるそうです。

投稿: panterino | 2006年8月22日 (火) 15時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11516961

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア人は手を洗わない?:

« 「ベネチア人にしっぽがはえた日」 | トップページ | レバノンに3000の兵士 »