« 薬剤師、再びのストは回避 | トップページ | 子宮頸癌のワクチン、2007年に »

2006年8月 4日 (金)

理系学部学生に奨励金

Universita_degli_studi_di_milano

国立ミラノ大学では、理系学部の学生の減少をくい止めようと奨励金を出すことにした(コリエレ・デッラ・セーラ、7月29日)。

奨励金が出る対象となるのは、物理学、化学、数学を学ぶ学生。760ユーロまでの払い戻しが行われる。

ミラノ国立大学に2005/06年に登録している学生は、6万2千人。そのうち上記三学部に登録しているのは、約2千名である。

何度もノーベル物理学賞候補となっているジョルジョ・パリージも危機を訴えている。このままでは第三世界に転落してしまうとも言っている。

物理学部は2000/01年の新入生が151人であったのに対し、2005/06年は122人。数学学部は、2000/01年が74人であったのに対し、2005/06年が97人。化学学部は、2000/01年が120人であったのが、2005/06年が180人。

これらの学生に対し、1年が終わった時点で、ある一定の単位を取ったものには、200~760ユーロが払い戻しされる仕組みをとったのである。

学長代理のジャンピエロ・シローニは、この奨励金は効果があるにはあるが、それほどでもないと、認めている。「最近の学生は学力が落ちている。やる気がない。世界の他の場所ではこうではないのに」。

|

« 薬剤師、再びのストは回避 | トップページ | 子宮頸癌のワクチン、2007年に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11259815

この記事へのトラックバック一覧です: 理系学部学生に奨励金:

« 薬剤師、再びのストは回避 | トップページ | 子宮頸癌のワクチン、2007年に »