« 詩とインターネット | トップページ | 医長、選択を迫られる »

2006年8月11日 (金)

外国人と投票

Stranieri

外国人も、徐々に選挙に投票できるようになりそうな見込みであるが、イタリアにはどんな国からの移民が増えているのかの囲み記事(コリエレ・デッラ・セーラ、8月7日)。

イタリア在住の不法滞在でない外国人は約280万人で、人口の5%。

当局に突き止められた不法滞在者は11万6580人。43,7%は本国に送還された。

Caritasの推定によるとイタリアの不法入国者は50万人。

2001年と現在を比較したときの割合は次の通り。

アルバニア  31万6659人   +83%
中国      11万1712    +138%
フィリピン    8万2625     +53%
モロッコ    29万4945     +64%
ルーマニア  24万8849    +232%
セネガル    5万3941      +73%
チュニジア   7万8230      +64%
ウクライナ   9万3441     +981%

イタリアの移民の政治的傾向は次の通り:

中道左派  50-55%
中道     20-25%
中道右派  15-20%
想定不能  15-20%

|

« 詩とインターネット | トップページ | 医長、選択を迫られる »

コメント

中国の人が多いのが意外です。仕事をしに来るのでしょうか。

投稿: azusa | 2006年8月14日 (月) 20時35分

ええ、基本的にそうだと思います。数万人の都市になると、中華料理店がありますし、工場労働者がいるでしょうね。ローマには中国人街化している一角があるそうです。

投稿: panterino | 2006年8月15日 (火) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11390523

この記事へのトラックバック一覧です: 外国人と投票:

« 詩とインターネット | トップページ | 医長、選択を迫られる »