« 薬局、自由化反対でストライキ | トップページ | EU, イタリアのテレビ改革を催促 »

2006年7月24日 (月)

Sismi の長官、上院委員会で答弁

Nicolo_pollari

アブ・オマル拉致事件に関し、Sismi の長官ニコロ・ポッラーリが上院の防衛委員会に呼び出され答弁した(コリエレ・デッラ・セーラ、7月20日)。

ポッラーリは、国民同盟のグスターヴォ・セルヴァ上院議員の「20人近くのアメリカの諜報員がイタリアで動き回っていて、あなたがたが何も気づかないということがありうるのか?」という質問に対し、「もちろん、知ることはありえたが、それは我々の組織の任務ではない」と平然として答えた。

ポッラーリは、「私は、われわれのエージェントの身の安全を心配している。この事件のため身元がわれて、生命の危険にさらされている者もいるからだ」とも述べた。

たとえば、イラクでイタリア人人質が救出されたり、新聞記者ジュリアーナ・ズグレーナが救出された際には、アル・アラビアやアル・ジャジーラの記者が協力してくれたのである。

ポッラーリは、情報を開示することが、われわれに対する信頼性を損ねてしまうリスクがある、とも主張した。

イタリアの複数ある情報機関に関しては、この事件のあとで、改革が実施される見込みである。

|

« 薬局、自由化反対でストライキ | トップページ | EU, イタリアのテレビ改革を催促 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11076379

この記事へのトラックバック一覧です: Sismi の長官、上院委員会で答弁:

« 薬局、自由化反対でストライキ | トップページ | EU, イタリアのテレビ改革を催促 »