« 2軒目までは相続税課さず | トップページ | 名伯楽コスミ »

2006年7月16日 (日)

アブ・オマル事件でSismiのナンバー2逮捕

Marco_mancini                                

ジュリアーナ・ズグレーナ記者をかかえるマルコ・マンチーニ

2003年2月17日にミラノで、アブ・オマル師がCIAによって拉致された事件に関し、イタリアのSismi が協力していたとして、ナンバー2のマルコ・マンチーニが逮捕された(コリエレ・デッラ・セーラ、7月6日)。

Sismi は Il servizio per le informazioni e la sicurezza militare の略で、軍事治安情報部。防衛大臣の管轄である。

逮捕されたのは、マルコ・マンチーニと元上司のグスターヴォ・ピニェーロ将軍(在宅逮捕、高齢と健康状態のため)。

容疑は、これまでアブ・オマル事件は、CIA の単独犯と当時の政府は釈明していたが、Sismi の高官は、違法性を認識しつつ、Cia に協力していたというもの。

Cia に関してはすでに22の逮捕状が出ているが、今回新たに4通の逮捕状が出された。

四人は次の通り。事件当時のイタリアにおけるCiaのトップ、ジェフリー・カステッリ、在伊米軍アヴィアーノ基地の司令官ジョセフ・ロマーノ。アヴィアーノ基地から、拉致したアブ・オマルを乗せた飛行機が飛び立ったとされている。エージェントのラルフ・ヘンリー・ルッソマンド。彼は偽の書類を作る工作を担当した。外交官のサブリーナ・デ・スーザ。

一方、Sismi に関しては、ベルルスコーニ政権は一貫して事件への関与を否定してきた。上記の二人のほか、Sismi の四人の高官が取り調べをうけ、ピオ・ポンパは違法な盗聴で告発されている。

|

« 2軒目までは相続税課さず | トップページ | 名伯楽コスミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10965790

この記事へのトラックバック一覧です: アブ・オマル事件でSismiのナンバー2逮捕:

» 「CIA工作員は公然と携帯電話で話す」 [NEW WAY.NEW LIFE]
2003年2月17日、イタリアのミラノの路上でエジプトのイスラム教聖職者アブ・オマル(Abu Omar)がCIA(アメリカ中央情報局 / Central Intelligence Agency)によって拉致されるという事件が起きた 事件にはイタリアのSISMI(情報軍事保安庁 / Servizio per le...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 5日 (木) 20時47分

« 2軒目までは相続税課さず | トップページ | 名伯楽コスミ »