« ベルティノッティ、マルキオンネを評価 | トップページ | サッカー疑惑、判決くだる »

2006年7月14日 (金)

ユヴェントゥス、セリエB降格なら受け入れられる

Cesare_ruperto

ルペルト委員長

サッカー疑惑に関し、厳しい求刑が出たが、ユヴェントゥスは、セリエB降格なら受け入れられるとしている(コリエレ・デッラ・セーラ、7月6日)。

ユヴェントゥスの弁護人チェーザレ・ザッコーネは、これまでまったく罪を認めぬ発言をしてきたが、ここへきて、発言を修正し、セリエBでペナルティー付きなら受け入れられると述べた。

受け入れられる (accettabile) という言葉は、スポーツ控訴委員会の審議の場にはふさわしくない、まるで交渉可能なように聞こえるとして、適切・妥当 (congrua) としなさいと、ルペルト委員長にただされ、弁護人は「妥当であり、それゆえ、受け入れられます」とした。

ルペルト委員長は、52年3ヶ月の検察官としてのキャリアがあり、ザッコーネは55年も弁護士をしている。お互いの言語を知り尽くした間柄である。

また、弁護人はルチャーノ・モッジとの距離を置き始めた。モッジは球団を代表する人物ではなく、彼の犯した行為に、球団が直接責任を負うわけではない、という理屈である。

一方、代表取締役であったアントニオ・ジラウドの行為に関しては、責任を負わねばならないことになる。

|

« ベルティノッティ、マルキオンネを評価 | トップページ | サッカー疑惑、判決くだる »

コメント

受け入れられる・・といっても、
これは従わなくてはならない、と言う事だと思うんですが・・
むずかしいですね。
言葉まで気をつけなければいけないなんて・・。

詳細な情報が手に入れられて嬉しいです。

ドイツの新聞では、
昨日のジタンのインタビューが詳細にレポートされた後は、まったくイタリアチームに関する記事はゼロになってしまいました。
イタリアが、マテラッツィの暴言で、フランスはジタンの退場で、優勝の権利がなくなり、ドイツが本当は優勝・・なんてばかな事を言っているドイツ人も居ましたが(笑)
そうならなくって良かった〜。。

投稿: kio | 2006年7月14日 (金) 19時38分

ジダンのお母さんの発言というのが、Corriere.it に引用されていましたが、マテラッツィは去勢されるべきだ、というもので、驚きました。

スポーツを美化しすぎるのも危険な場合があると思いますが、あんまりどろどろなのも嬉しくないですね。

投稿: panterino | 2006年7月14日 (金) 23時06分

ひえっ、それはすごい・・。
どっちもどっち、という様相をなしてきましたね。

ドイツでは、オーストリア発の
『問題を解決する新しい方法』というビデオが、大人気で
話題を集めています。
http://www.brain-one.at/
ここから見る事ができます。

フランスでは、フランス語で『頭突き』という曲が売り出され
ヒット(予定)とか。

でも、あの頭突きはインパクトありましたから、
真似したくなるのもわからなくはないかも。(やりませんが(笑))

セリエAの処分決定!の詳細も読ませていただきました。
不服・・ってでも、本当はセリエCへの降格だったはずなのに・・。
セリエのメンバーの多くがリアル・マドリッドに買われるという噂もありますね。
リアルはもう選手持ち過ぎなのに。

投稿: kio | 2006年7月15日 (土) 18時00分

いろいろな風刺画やヴィデオ・ゲーム(ジダンが複数のマテラッツィを頭突きで倒すもの)など、事件をパロディ化するものが出てきましたね。

こういう事件は、人種や差別的レトリックなどが絡んで、あまりエモーショナルになるのは危険なので、笑いによって事態と自分の感情・情念の距離を置こうという智恵かもしれません。

笑い事でないときに、必要なのはユーモアなのでしょうか。

投稿: panterino | 2006年7月16日 (日) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10930511

この記事へのトラックバック一覧です: ユヴェントゥス、セリエB降格なら受け入れられる :

« ベルティノッティ、マルキオンネを評価 | トップページ | サッカー疑惑、判決くだる »