« タクシー、薬品、商店の自由化 | トップページ | サッカーの試合が始まったとたん、飛行機が欠航に »

2006年7月 8日 (土)

教会、固定資産税を払う

Domusaurelia ローマでカトリック教会が所有するホテル「ドムス・アウレリア」

カトリック教会が、再び固定資産税を払うようになる(コリエレ・デッラ・セーラ、7月1日)。

1992年に、カトリック教会は固定資産税(Ici)の支払いを免除され、2004年にそれが認められなくなり、2005年再び免除されるようになっていた。それが今回の決定で、再び支払うようになる。

これは、信仰のための教会の建造物ではなくて、教会が所有しているホテルやアパートにかかる税金である。

とはいえ、ヴァティカンとの関係を重んじて、決定い先だって、財務相のトンマーゾ・パドア=スキオッパは、イタリア司教会議議長のカミッロ・ルイーニと会談している。

教会が支払う固定資産税は、概算ではあるが、約5億ユーロにのぼる見込み。Iciはコムーネに収める税金であるが、ローマ市におさめられる固定資産税だけで、約5000万ユーロになるもよう。

|

« タクシー、薬品、商店の自由化 | トップページ | サッカーの試合が始まったとたん、飛行機が欠航に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10844377

この記事へのトラックバック一覧です: 教会、固定資産税を払う:

« タクシー、薬品、商店の自由化 | トップページ | サッカーの試合が始まったとたん、飛行機が欠航に »