« フエンテス医師とパンターニ | トップページ | ベルティノッティ、マルキオンネを評価 »

2006年7月13日 (木)

サッカー疑惑に求刑

Stefano_palazzi_1 ステーファノ・パラッツィ検察官

サッカー疑惑に求刑が出て、ユヴェントゥスはセリエC降格、ミラン、ラツィオ、フィオレンティーナのセリエBへの降格が求められた(コリエレ・デッラ・セーラ、7月5日)。

ステーファノ・パラッツィ検察官は、予想通りとは言え、厳しい求刑を提出した。ユヴェントゥスは、セリエCに降格し、6ポイントのペナルティ。ラツィオとフィオレンティーナはセリエBに降格し、15ポイントのペナルティ。ミランは、セリエBに降格し、3ポイントのペナルティ。

ユーヴェの元総監督ルチャーノ・モッジは違法行為一つにつき罰金5000ユーロ(約70万円)。5年間活動禁止。アントニオ・ジラウドも、5000ユーロの罰金と、5年間の活動禁止。

ラツィオでは、クラウディオ・ロティートが違法活動につき5000ユーロの罰金。5年の活動禁止。

フィオレンティーナでは、アンドレア・デッラ・ヴァッレとディエゴ・デッラ・ヴァッレとサンドロ・メンクッチが、5年の活動禁止と違法行為につき5000ユーロの罰金。

ミランは、アドリアーノ・ガッリアーニが2年間の活動禁止。レオナルド・メアーニが、5年の活動禁止、違法行為につき5000ユーロの罰金。

連盟の役員については、フランコ・カッラーロは5年の活動禁止。インノチェンツォ・マッツィーニは、5年の活動禁止。違法行為につき5000ユーロの罰金。

審判および審判割り振り者は、やはり活動停止5年および違法行為につき5000ユーロの者が多い。

優勝杯に関しては、2004-05年のものは、取り消しとなり、2005-06年のものは、優勝杯自体をわたさないのだという。

|

« フエンテス医師とパンターニ | トップページ | ベルティノッティ、マルキオンネを評価 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10923023

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー疑惑に求刑 :

« フエンテス医師とパンターニ | トップページ | ベルティノッティ、マルキオンネを評価 »