« パゾリーニの『カンタベリー物語』 | トップページ | フエンテス医師とパンターニ »

2006年7月13日 (木)

フェラーリ、1位、2位独占

Michael_schumacher_indianapolis2

アメリカ・インディアナポリスで開かれたF1で、フェラーリは1位、2位を独占した(コリエレ・デッラ・セーラ、7月3日およびフジテレビ721)。

ミハエル・シューマッハが1位、フェリペ・マッサが2位、ジャンカルロ・フィジケッラ(ルノー)が3位で、現在、得点王のアロンソは5位に終わった。

シューマッハは、優勝して嬉しい理由はいろいろあるが、一つはアロンソに6ポイント差を縮めたこと、と語った。またミハエルは、マッサの2位についても喜びを隠せぬようで、レース終了直後、マッサを抱きかかえた。

これで、フェラーリおよびシューマッハにとって、レースが再開され、年間優勝への望みが再び芽生えたことになる。

|

« パゾリーニの『カンタベリー物語』 | トップページ | フエンテス医師とパンターニ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10919723

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ、1位、2位独占:

« パゾリーニの『カンタベリー物語』 | トップページ | フエンテス医師とパンターニ »