« EU, イタリアのテレビ改革を催促 | トップページ | 受精卵をめぐる意見の対立 »

2006年7月25日 (火)

銀行家ロヴェラーロ、死体で発見

Roveraro

2週間行方不明だったミラノの銀行家ジャンマリオ・ロヴェラーロがばらばら死体で発見された(コリエレ・デッラ・セーラ、7月22日)。

70歳の銀行家ロヴェラーロは、7月5日の夜から行方不明となっていたが、パルマ郊外でばらばらにされた死体が発見された。

死体は黒いゴミ袋の中に捨てられ、腐乱が進んでいた。

拉致および殺人の主犯は、フィリッポ・ボッテリ、43歳。パルマの金融コンサルタントで、ロヴェラーロの元共同経営者ボッテリが容疑者として逮捕された。他に、共犯者が二人逮捕された。

ボッテリは、「拉致のあと、金を取り戻すことは出来ないと判り、殺してしまった」。ボッテリは、「大きな商売」に投資したのだった。2003年にオーストリアで投資したが、250万ユーロをすってしまった。ロヴェラーロは何かおかしいと感じて、手を引いたのであった。

ロヴェラーロは、1936年生まれ、若いころは走り高跳びの選手で、イタリア人ではじめて2メートルを越え、2m2cmを飛んだ男として知られている。

オプス・デイに所属し、7月5日もオプス・デイの会合に行くところを拉致された。

|

« EU, イタリアのテレビ改革を催促 | トップページ | 受精卵をめぐる意見の対立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11093625

この記事へのトラックバック一覧です: 銀行家ロヴェラーロ、死体で発見:

« EU, イタリアのテレビ改革を催促 | トップページ | 受精卵をめぐる意見の対立 »