« カンナヴァーロ、優勝杯をペッソットに見せる | トップページ | マテラッツィの暴言 »

2006年7月19日 (水)

教皇庁報道官ナバッロ退任

Navarro ホアキン・ナバッロ=バルス報道官

教皇庁広報部報道官ホアキン・ナバッロ=バルスが退任し、後任にフェデリーコ・ロンバルディ神父が就任する(コリエレ・デッラ・セーラ、7月12日)。

ナバッロ=バルスは、22年間、この職にあり、ヴァティカンの報道室を革新したと言われている。それまでひどく堅苦しいところであったものを、言葉の自由を獲得し、率直に話せるところにしたのだという。

ナバッロ=バルスは、1936年11月16日スペインのカルタヘナ生まれ。今年の11月で70歳になる。医学とジャーナリズムで学位をもち、最初はスペインの新聞の外国特派員であった。

1977年に、マドリッドの日刊紙Abcの特派員として赴任した。1984年、ヴァティカンの報道室長となる。

ナバッロ=バルスは、オプス・デイの世俗会員で、会員になったのは、1970-75年に遡る。この時期、オプス・デイの創設者ホセマリア・エスクリバーと暮らしていた。

ナバッロ=バルス氏の後任は、フェデリーコ・ロンバルディ神父で、8月に64歳になる。ロンバルディは、1960年にイエズス会に入会し、トリノ大学で数学を修め、フランクフルトで1969年から1973年まで神学を学んだのでドイツ語を話す。

ドイツ人の教皇ベネデット16世は、イタリア語を話すことに慣れているが、ドイツ語を話す報道官を持つことになる。

ロンバルディは、過去14年間は、ラディオ・ヴァティカーナやヴァティカン中央テレビの要職にあった。報道官に就任後も前職を兼任する。

教皇ラッツィンガーは、教皇庁の組織を再編し、簡素化したいのだと言われている。そのために、ロンバルディ神父のような人物が、情報セクターの軸をなすのかもしれない。

|

« カンナヴァーロ、優勝杯をペッソットに見せる | トップページ | マテラッツィの暴言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11004275

この記事へのトラックバック一覧です: 教皇庁報道官ナバッロ退任:

« カンナヴァーロ、優勝杯をペッソットに見せる | トップページ | マテラッツィの暴言 »