« 宗教の時間は変更すべきか? | トップページ | 2軒目までは相続税課さず »

2006年7月16日 (日)

映画館の夏休みはイタリアのみ

Castellitto セルジョ・カステリット

イタリアの映画館は、夏の期間、地味な作品しか上演せず、大作の公開は秋まで持ち越される(コリエレ・デッラ・セーラ、7月6日)。

夏、6月から9月まで、イタリアの映画館では、大作の公開はなされず、通常の期間に上映しそこなった地味な作品が上映される。

こういった習慣はイタリアだけで、アメリカはもちろんのこと、フランスやイギリス、スペインでも、こんなことはないという。

『スーパーマン』や『マイアミ・ヴァイス』の公開も秋以降に延期される。

俳優・監督のセルジョ・カステリットも納得がいかない。「これは、深刻な問題を抱えた産業の印だ。暑さのせいにするのはおかしい。今は、エアコンがあるのだから。むしろ文化産業の体制や信頼性に関わる問題だと思う」

|

« 宗教の時間は変更すべきか? | トップページ | 2軒目までは相続税課さず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10963599

この記事へのトラックバック一覧です: 映画館の夏休みはイタリアのみ :

« 宗教の時間は変更すべきか? | トップページ | 2軒目までは相続税課さず »