« ニコライス:公務員30-40万人削減 | トップページ | イタリア憲法の修正事例 »

2006年7月 2日 (日)

ピオ11世の文書公開

Photo_32

ヴァティカンは、ピオ11世に関わる文書を、9月16日から公開する(コリエレ・デッラ・セーラ、6月25日)。

アキッレ・ラッティは、1922年ピオ11世として教皇になり、1939年に亡くなった。

ヴァティカン機密文書館は、1610年パオロ5世の時に生まれた。レオーネ13世は、1881年に、それを学者に公開した。

それ以降、代々の教皇は、新しい部分をその時々に公開することを決定してきた。

2000年からは、第二ヴァティカン公会議に関する文書が公開になった。ジョヴァンニ・パオロ2世は、ベネデット15世の逝去までの書類を公開した。

ピオ11世の在位期間の文書が公開になることで、国際関係における教皇庁の政策・戦略が明らかになる。ヒトラーの権力奪取の問題をどう考えたか、スターリニズムの始まりについてどう判断していたか、メキシコ革命、東方政策は、といった事柄についての情報が明らかになる。

このヴァティカン機密文書館の現在の館長は、セルジョ・パガーノ神父で、バルナバ会修道士。1997年からこの任にあたっている。

|

« ニコライス:公務員30-40万人削減 | トップページ | イタリア憲法の修正事例 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10752982

この記事へのトラックバック一覧です: ピオ11世の文書公開:

« ニコライス:公務員30-40万人削減 | トップページ | イタリア憲法の修正事例 »