« Anas の不正経理 | トップページ | イタリア、ドイツを延長戦で降す »

2006年7月 4日 (火)

ペッソット、屋上から飛び降り

Pessotto 選手時代のペッソット

ユヴェントゥスのチーム・マネージャー、ジャンルーカ・ペッソットがユヴェントゥスの本部の屋上から飛び降り自殺未遂した(コリエレ・デッラ・セーラ、6月28日)。

6月27日の12時10分頃、ジャンルーカ・ペッソットは、ユヴェントゥスの本部に到着し、エレベーターで、4階まで上り、そこから屋上に行き、飛び降りた。

手には、ロザリオを持っていた。20メートル下に落下したが、中庭に駐車してあったロベルト・ベッテーガのアルファ147の左側面に当たり、跳ね返って、隣のランチャ・フェードラの上に飛んだ。

尾骨と5本の脊椎を骨折し、27日2回の外科手術が行われ、28日、足および踵の手術が行われる予定。

一説には、家庭の問題(夫人との不和)から鬱状態にあり、医者にかかっていた。レアーナ夫人は、スイスのバスケット・ボールのセリエCの元選手。

|

« Anas の不正経理 | トップページ | イタリア、ドイツを延長戦で降す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10789604

この記事へのトラックバック一覧です: ペッソット、屋上から飛び降り:

« Anas の不正経理 | トップページ | イタリア、ドイツを延長戦で降す »