« アダモ・ボーヴェとアブ・オマル事件 | トップページ | モンタネッリの逮捕 »

2006年7月29日 (土)

ディスコの人気下がる

Discoteca

イタリアでディスコの人気が落ちている(コリエレ・デッラ・セーラ、7月25日)。

この10年で店舗の数が、約半分になった。90年代には5000店以上あったのに、今年は3000店以下になっているのである。

海辺では、クラブではなく、chiringuitos と呼ばれる、浜辺のキオスクの発展形のところで、砂の上で踊るのだそうだ。これは昔の形にかえったのだという説もある。

ダンスの世界の50年を振り返った囲み記事がある。

1960年代:リミニやリッチョーネでは、生のオーケストラの伴奏で踊っていた。

1970年代:ディスコミュージックの誕生。ニューヨークの Studio 54 が有名。77年の映画「サタデイ・ナイト・フィーヴァー」。イタリアでは「スパゲッティ・ダンス」が流行ったそうです。

1980年代:60年代のリヴァイヴァル。ディスコ・ブームは1995年まで続く。

|

« アダモ・ボーヴェとアブ・オマル事件 | トップページ | モンタネッリの逮捕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11144586

この記事へのトラックバック一覧です: ディスコの人気下がる:

« アダモ・ボーヴェとアブ・オマル事件 | トップページ | モンタネッリの逮捕 »