« イタリア、ウクライナを撃破 | トップページ | ロッシ、最後尾から8位に »

2006年7月 1日 (土)

国民投票の記録

Photo_30

憲法改正をめぐる国民投票で、もっとも Si' が多かったのは、ロンバルディア州北部のソンドリオ、もっとも No が多かったのは、カラーブリア州のクロトーネだった(コリエレ・デッラ・セーラ、6月27日)。

現行憲法への支持が最も低かったのは、ロンバルディア州のソンドリオでは No (憲法改正案にNoの意味)は34,6%でイタリア中で一番低かった。

イタリアの州単位でみると、ロンバルディア州とヴェネト州では改正案に Si' がそれぞれ、54,6%と55,3%で No を上回っていた。

北部全体では、No が52,6%。ロンバルディア州とヴェネト州でも、州を代表する都市、ミラノとヴェネツィアでは、Noが上回った。ミラノでは、Noが51,8%、ヴェネツィアでは53,6%だった。

一方、南部では、すべて No が優勢だったのだが、とりわけカラーブリア州はそうだった。No が82,5%である。カラーブリア州は、すべての県で、No が80%を上回った唯一の州である。

なかでもクロトーネは、No が86,2%でこれが全国一である。

|

« イタリア、ウクライナを撃破 | トップページ | ロッシ、最後尾から8位に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10747141

この記事へのトラックバック一覧です: 国民投票の記録:

« イタリア、ウクライナを撃破 | トップページ | ロッシ、最後尾から8位に »