« パヴァロッティ、癌の手術 | トップページ | Foibe への沈黙 »

2006年7月17日 (月)

映画『ヴァニーナ・ヴァニーニ』、修復される

Vanina_vanini

ロベルト・ロッセリーニ監督の映画『ヴァニーナ・ヴァニーニ』が修復された(コリエレ・デッラ・セーラ、7月8日)。

『ヴァニーナ・ヴァニーニ』は、スタンダール原作の映画。ヴァニナ・ヴァニーニという公爵令嬢が、カルボナーラ党員に恋をするのだが、もっと彼の側にいたいという気持ちから、彼の仲間を告発してしまう。裏切りに気づいた彼は自首し、処刑されてしまう。彼女は修道院に行くという物語。

この映画はロッセリーニ監督とプロデューサーのモリス・エルガスの意見が衝突し、ロッセリーニは最終的な編集を自分のものと認めなかった。

ヴェネツィア映画祭に出品したのだが、酷評され、主演女優のサンドラ・ミロは、カニーナ・カニーニ(雌犬という響きがある、カニーニは文字通りには犬歯)というあだ名をつけられて深く傷ついた。

このいわくつきの映画は、オリジナルのネガがロサンジェルスで発見され、ソニー・コロンビアの手によって修復された。

|

« パヴァロッティ、癌の手術 | トップページ | Foibe への沈黙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10973032

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ヴァニーナ・ヴァニーニ』、修復される:

« パヴァロッティ、癌の手術 | トップページ | Foibe への沈黙 »