« 破毀院、Pacsに道を開く | トップページ | エミリオ・プッチとエッダ・ムッソリーニ »

2006年7月21日 (金)

パドア=スキオッパ:2%成長は可能

Padoaschioppa2

経済大臣パドア=スキオッパは、イタリアは毎年2%成長することが可能であると語った(コリエレ・デッラ・セーラ、7月14日)。

経済相は、企業家を叱咤激励した。イタリアが安定的かつ持続的に、2%の経済成長を望むことは正当なことだが、企業家たちが「新たな責任を背負うことが必要だ」と語った。

「ここ数年、生産性の伸びがほとんど止まっているのが、経済成長問題の原因だ」とした。その解決のためには、企業家の新たな奮起が必要であるし、組合も賃金の抑制に協力的でなければならないと、国会の予算委員会で述べた。

また、不動産の相続税に関しては修正案を出すことを約束した。

|

« 破毀院、Pacsに道を開く | トップページ | エミリオ・プッチとエッダ・ムッソリーニ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11036249

この記事へのトラックバック一覧です: パドア=スキオッパ:2%成長は可能:

« 破毀院、Pacsに道を開く | トップページ | エミリオ・プッチとエッダ・ムッソリーニ »