« サッカーとテレビ放映権 | トップページ | アダモ・ボーヴェとアブ・オマル事件 »

2006年7月28日 (金)

テレコムのセキュリティ担当、自殺

Bove アダモ・ボーヴェ

アダモ・ボーヴェというテレコムのセキュリティ担当が自殺した(コリエレ・デッラ・セーラ、7月22日)。

ボーヴェは43歳で、2000年にテレコムに移る以前は、ナポリの Digos (Divisione Investigazione Generali e Operazioni Speciali 国家警察統合捜査特別作戦部)で働いていた。

ナポリで働いていた当時、カモッラの二つのグループが対立していたが、彼は二人の強力なボス、フランチェスコ・《サンドカン》・スキアヴォーネとマリオ・ファッブロチーノの逮捕に力を注いだとされている。

ボーヴェは盗聴に関わっていたので、それに関連して告発されることを怖れていたと友人たちは語っている。

|

« サッカーとテレビ放映権 | トップページ | アダモ・ボーヴェとアブ・オマル事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11134657

この記事へのトラックバック一覧です: テレコムのセキュリティ担当、自殺:

« サッカーとテレビ放映権 | トップページ | アダモ・ボーヴェとアブ・オマル事件 »