« 銀行家ロヴェラーロ、死体で発見 | トップページ | ヴィットリオ・エマヌエーレ、自由の身に »

2006年7月26日 (水)

受精卵をめぐる意見の対立

Binetti パオラ・ビネッティ

受精卵を利用して、幹細胞の研究をすることについて、限定的条件をつけて上院で認められたが、カトリック教会は激しく反対している(コリエレ・デッラ・セーラ、7月21,22日)。

上院では、152対150で、受精卵の限定的な利用は認められた。

つまり、凍結受精卵のうち、もう母親の子宮内に戻しても、生命体として発達する見込みのないものに限って、幹細胞の研究用に用いてよいとする法案であった。

この法案は、ドイツのものと同じ路線である。イギリスの場合には、受精卵は15日目から命あるものとして認めるとしている。

しかしこの法案を与党と野党の間にはいってとりまとめたパオロ・ビネッティ上院議員(神経精神科医)は、カトリック系新聞 Avvenire や Osservatore Romano からは激しく非難されることになった。

|

« 銀行家ロヴェラーロ、死体で発見 | トップページ | ヴィットリオ・エマヌエーレ、自由の身に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11108453

この記事へのトラックバック一覧です: 受精卵をめぐる意見の対立:

« 銀行家ロヴェラーロ、死体で発見 | トップページ | ヴィットリオ・エマヌエーレ、自由の身に »