« モンタネッリの逮捕 | トップページ | フェラーリ、ドイツGPで優勝 »

2006年7月30日 (日)

フィアット、海外との提携

Marchionne_montezemolo マルキオンネ代表取締役とモンテツェーモロ会長

フィアットは、売り上げが好調で、累積赤字が減り、ロシアや中国での提携先を見いだした(コリエレ・デッラ・セーラ、7月25日)。

今年前半のフィアットの売り上げは好調で、12,9%増の136億ユーロ。純益が3億3千万ユーロで52%増となり、借入金も、6億ユーロ減って23億ユーロとなった。

また、ロシアではセヴェルスタル自動車と、商用車ドゥカートの生産・販売で合意に達した。タタルスタン工場で、年7万5千台の生産能力を見込む。2007年最終四半期から生産開始の予定である。

中国では、Iveco(トラック部門)とフィアットが、ディーゼル・エンジンに関し、上海汽車工業総公司(Saic Motor Corporation) と合意に達した。三種類のエンジン、F5, Nef とCursor 9 を生産する予定。総投資額は、1億5000万ユーロを超える見込みである。

|

« モンタネッリの逮捕 | トップページ | フェラーリ、ドイツGPで優勝 »

コメント

フィアット調子いいみたいでうれしいです。でもまだ借金が23億ユーロですか…、途方もない額ですね。
中国はやはりとても大きな市場ですね。でも、作るのは車そのものじゃなくてエンジンなんですね。ちょっと残念。

投稿: azusa | 2006年7月31日 (月) 14時32分

そうですね。今年は、絶好調のようです。
でも、まだ長いトンネルを抜け出たところで、過去の借金は残っているわけですね。
中国では中伊の合弁会社を作って、そこでトラックを生産するみたいです。


投稿: panterino | 2006年8月 1日 (火) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11159482

この記事へのトラックバック一覧です: フィアット、海外との提携:

« モンタネッリの逮捕 | トップページ | フェラーリ、ドイツGPで優勝 »