« Foibe への沈黙 | トップページ | アブ・オマル事件とジャーナリスト »

2006年7月17日 (月)

イタリア優勝の歴史

Photo_48 ライモンド・オルシ

イタリアはワールド・カップで1934年、1938年にも優勝しているが、監督はヴィットリオ・ポッツォで、彼はオリンピックでも優勝したのだった(コリエレ・デッラ・セーラ、7月10日)。

1934年のときには、ユニフォームはうすい青で、胸の盾型ワッペン(スクデット)は、三色旗ではなくて、サヴォイアの紋章であった。

ナショナル・チームのユニフォームは最初は、白であったのが、1911年にサヴォイアに敬意を表してアッズッリになったのだという。

1934年はローマ大会。決勝はイタリア対チェコスロヴァキアで、延長戦にはいって2対1でイタリアが勝利を飾った。

この時、ゴールを決めたライモンド・オルシはイタリア系アルゼンチン人で、1901年ブエノス・アイレスに生まれたが、両親はイタリア人であった。アルゼンチンで活躍したあと、1928年にユヴェントゥスに入り、1934年の決勝戦で見事なゴールを決めた。

1938年はフランス大会、決勝は、対ハンガリーで、4対2でくだし、ビスを決めた。

|

« Foibe への沈黙 | トップページ | アブ・オマル事件とジャーナリスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10977959

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア優勝の歴史:

« Foibe への沈黙 | トップページ | アブ・オマル事件とジャーナリスト »