« パーパの葬儀とコンクラーヴェの費用 | トップページ | 地上波デジタル、普及遅れる »

2006年7月20日 (木)

ドラーギ、銀行に併合をもとめる

Draghi_2

イタリア銀行総裁のマリオ・ドラーギは、イタリア銀行協会の総会で、銀行間の併合をもとめた(コリエレ・デッラ・セーラ、7月13日)。

ドラーギは、銀行は「戦略的不活動」から脱し、併合や相乗作用の道を追求すべきだと述べた。

「併合し、強化する余地は、まだまだたっぷりある」と総裁。そして銀行の長たちに向かって、「あなたがたは、ヨーロッパを舞台に活躍できる役者を作る責任がありますよ。それとも、こんな機会を逃して、外国の機関にゆずるのか」と呼びかけた。

|

« パーパの葬儀とコンクラーヴェの費用 | トップページ | 地上波デジタル、普及遅れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11031098

この記事へのトラックバック一覧です: ドラーギ、銀行に併合をもとめる:

« パーパの葬儀とコンクラーヴェの費用 | トップページ | 地上波デジタル、普及遅れる »