« 受精卵をめぐる意見の対立 | トップページ | 高校卒業試験、女子が優位 »

2006年7月27日 (木)

ヴィットリオ・エマヌエーレ、自由の身に

Giulia_bongiorno ジュリア・ボンジョルノ弁護士

ヴィットリオ・エマヌエーレは、自宅逮捕から自由の身になったが、イタリアから去ることは出来ないという条件つきだった(コリエレ・デッラ・セーラ、7月21日)。

イタリアに帰国するのに何十年も苦労した人が、今度は国家からイタリア出国を禁じられる皮肉な事態となった。

本人の健康状態、気力は充実し、法廷闘争を続けていくようだ。

弁護士のジュリア・ボンジョルノは、彼を支える妻マリア・ドーリアを讃えた。「いろいろ言われていますが、結びつきの強い家族なのです」。

|

« 受精卵をめぐる意見の対立 | トップページ | 高校卒業試験、女子が優位 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11114429

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィットリオ・エマヌエーレ、自由の身に :

« 受精卵をめぐる意見の対立 | トップページ | 高校卒業試験、女子が優位 »