« 高校卒業試験、女子が優位 | トップページ | テレコムのセキュリティ担当、自殺 »

2006年7月27日 (木)

サッカーとテレビ放映権

Diritti_tv

サッカーのテレビ放映権が、チーム毎から集団的契約に変わる見通しとなった(コリエレ・デッラ・セーラ、7月22日)。

2005/06年のテレビ放映権の総額は、5億ユーロ(700億円)である。内訳は、衛星放送3億8千万ユーロ、地上波(ノンスクランブル)6千万ユーロ、地上波デジタル4千万ユーロ、UMTS(移動通信)2千万ユーロとなっている。

この5億ユーロが、各チームに配分されたわけだが、有力3チームで約半分をとってしまう。

ユヴェントゥス:9千万ユーロ
ミラン     :8千万ユーロ
インテル   :7千万ユーロ
3チーム 合計 2億4千万ユーロ

残りのセリエAのチームにわたるのは、1億5200万ユーロとなっている(セリエB以下にも少しは渡るということになる)。

ローマ   :4500万ユーロ
ラツィオ  :3800万ユーロ
フィオレンティーナ:1800万ユーロ
リヴォルノ: 700万ユーロ

となっている。これは、明らかに上位チームに有利な配分だが、これを集団契約にして、相対的に下位のチームに有利な配分にする見通しである。

契約金の半分は平等に分け、残りを視聴率や成績を考慮して傾斜配分にする予定。

|

« 高校卒業試験、女子が優位 | トップページ | テレコムのセキュリティ担当、自殺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11120357

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーとテレビ放映権:

« 高校卒業試験、女子が優位 | トップページ | テレコムのセキュリティ担当、自殺 »