« 国民投票の記録 | トップページ | ニコライス:公務員30-40万人削減 »

2006年7月 1日 (土)

ロッシ、最後尾から8位に

Photo_31

予選で、負傷のため、最後尾スタートとなったロッシは、8位入賞を果たした(この項、日本テレビおよびコリエレ・デッラ・セーラ、6月25日)。

予選で、手首の骨を折ったロッシは、決勝の出場すら危ぶまれていたが、手首に包帯をまいて出場。手首はいつものようなコントロールはきかない。

この日は、ニッキー・ヘイデンとロッシのチーム・メイトのコリン・エドワーズがデッド・ヒートを繰り広げたが、最後のカーブでエドワーズが転倒し、すべてを失った。

そこまで3位につけていた中野 (Kawasaki) は、2位で表彰台に上がった。ロッシは、8位入賞。

これで、チャンピョンシップは
1.ヘイデン  144点
2.ペドロサ  102点
3.カピロッシ 100点
4.ロッシ     98点
  メランドリ   98点

となった。

|

« 国民投票の記録 | トップページ | ニコライス:公務員30-40万人削減 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10750656

この記事へのトラックバック一覧です: ロッシ、最後尾から8位に:

« 国民投票の記録 | トップページ | ニコライス:公務員30-40万人削減 »