« ユヴェントゥス小史 | トップページ | Ppeに入りたい国民同盟 »

2006年7月23日 (日)

100のコムーネが州の変更を希望

イタリアで約100のコムーネ(市町村に相当)が、帰属する州の変更を望んでいる(コリエレ・デッラ・セーラ、7月18日)。

その理由は大きく分ければ二つある。

マレッキアの谷の7つのコムーネは、「ここは法律上は、マルケ州だが、名物料理は、ピアーダなのです。われわれがエミリア・ロマーニャ州に属している証拠ですよ」と、フランコ・ヴィチーニ。辞書には、ピアーダは、ロマーニャ地方特産のピッツァの台のように丸く焼いた大型パン、とある。

しかし、実際は、料理とは無関係の理由もある。「ここの県庁所在地はペーザロだが、85キロも離れている。しかもリミニ経由で行かねばならない」

このように、イタリアには約100のコムーネが、州を移りたいと考えている。カンパーニャ州からモリーゼ州、モリーゼ州からアブルッツォ州、トスカーナ州からエミリア・ロマーニャ州などなど。

州を移りたいもう一つの理由は、経済的なものである。特別州は、普通州よりも、気前がよいのである。税金は安く(最高40%安い)、州からくるお金も多い(約2倍)。それを理由にヴェネト州からフリウリ州、ピエモンテ州からヴァッレ・ダオスタ州に移りたいと願うコムーネも出ている。

コムーネが属する州を変更する手続きは、次の通り。まず、破毀院の許可を得て、住民投票をする。そして、大統領と内務大臣の認可をえる。投票で、有権者の50%以上の同意が必要。

|

« ユヴェントゥス小史 | トップページ | Ppeに入りたい国民同盟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/11063083

この記事へのトラックバック一覧です: 100のコムーネが州の変更を希望 :

« ユヴェントゥス小史 | トップページ | Ppeに入りたい国民同盟 »