« イタリア対アメリカ、引き分け | トップページ | 減税の是非 »

2006年6月18日 (日)

ミンモ・イョーディチェ写真展

Photo_20 Jodice Jodice_2

「ミンモ・イョーディチェ写真展ー地中海の神話」を見た(九段下、イタリア文化会館、6月25日まで、入場無料)。

新しくなったイタリア文化会館に行って、イョーディチェの写真を見た。文化会館は、外観が鮮やかな赤で、それが赤すぎるかどうかが議論になっているのを、以前に新聞などで見た。

自分の眼でも確かめようと見たわけだが、僕個人としては、意外に落ち着いた赤だな、という印象である。色彩観は個人差があるし、また、時代によっても好まれる色が変わったりするだろう。

イョーディチェ展は、40点ほどの白黒写真が一階に展示されていた。被写体が、神話的なもので、まさに「地中海の神話」というタイトルにふさわしい内容である。

それをライティングや、被写体の一部分だけが止まっていて、まわりには動きを出したりしていて、その彫像、遺跡が眼に飛び込んでくる感じである。

あたかも、その彫像や、遺跡の発見に立ち会っているかのような感覚を一瞬もつ。白黒であることも、時間を超越した感覚に一役かっているだろう。

古代彫刻のまなざしと向き合っていると、こういう写真になるのだろうか。写真家の技巧うんぬんの前に、被写体の存在感の強さにうたれる。

|

« イタリア対アメリカ、引き分け | トップページ | 減税の是非 »

コメント

イタリア文化会館は、近々見に行こうと思っています。
わたしは、この写真を見る限りでは、そこまで強烈な色とは思いません。景観を損ねている建物とか周囲と調和の取れていない建物は町中で見かけますよね。それを差し置いてこればかりを責めるのは納得がいかないなあ、という気持ちでいます。

投稿: azusa | 2006年6月18日 (日) 23時17分

どうぞ、現場で実物をご覧下さい。
色は、写真で微妙な色調が正確に出せるかという問題があるのと、実物は巨大ですからね。
少なくとも、建造物として、(色調も含めて)品格のあるデザインだと思います。

投稿: panterino | 2006年6月19日 (月) 00時54分

みてきました!
わたしには抑え目の赤に見えました。すてきじゃないですか。
こんな建物がたくさんあったら面白いのに、と思いました。

投稿: azusa | 2006年6月20日 (火) 22時50分

ええ、僕も素敵な建築物だと思います。
地下には大きなホールがあるようですし、上の方には図書室があります。
イタリア文化会館の催しものにも参加してみたいですね。

投稿: panterino | 2006年6月21日 (水) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10580978

この記事へのトラックバック一覧です: ミンモ・イョーディチェ写真展:

« イタリア対アメリカ、引き分け | トップページ | 減税の是非 »