« ジェネラーリ、トーロに公開株式買い付け | トップページ | イタリア、ウクライナを撃破 »

2006年6月30日 (金)

ジェネラーリの戦略

保険大手のジェネラーリが、損保のトーロに公開株式買い付けをしかけた戦略は、防衛的なものだった(コリエレ・デッラ・セーラ、6月26日)。

トーロに対しては、フランスの Axa やイギリスの Aviva, Prudential が買収をねらっているという情報が流れた。

フランスやイギリスの大手保険会社もイタリア市場に触手を伸ばしつつあるわけである。

実際、フランスの Axa はスイスの Winterthur を80億ユーロで買収している。

また、2005年6月には、一株11,25ユーロだったトーロの株価は、今年の3月には、19ユーロにまで跳ね上がったりしている。

というわけで、ジェネラーリとしては、防衛的に損保のトーロを買ったわけであるし、ヨーロッパの大手との競争に備えるということでもある。

|

« ジェネラーリ、トーロに公開株式買い付け | トップページ | イタリア、ウクライナを撃破 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10740230

この記事へのトラックバック一覧です: ジェネラーリの戦略:

« ジェネラーリ、トーロに公開株式買い付け | トップページ | イタリア、ウクライナを撃破 »